清高の ニュースの感想 令和版

以前は「清高の Twitterでは ダメなニュース」(Yahoo!ブログ)でしたが、最初は「ニュース感想戦」でしたので、初心に戻って。

韓国への 憎悪隠せぬ 藤原正彦

文藝春秋』2019年10月号が発売された。

bunshun.jp

 

特集は「日韓断絶」だそうだが、そもそもの事実認識から間違っているから読むに値しない(これを買うなら『世界』(岩波書店)2019年10月号を買ったほうがいい。なお、本エントリーでは詳細な理由は書かないから、当ブログの検索で「韓国」と打ち込んで調べてね)。しかし優しい(?)筆者は、そんな読むに値しない記事もかばってあげる。というわけで、今回は、p95~の、藤原正彦さんの「日本と韓国『国家の品格』」をざっと検討する。

 

p96で、藤原さんは

韓国経済が悲鳴を上げるほど痛めつけないと、国家間の約束を破るということの重大さがわからない

と書いた。先述の「事実認識から間違っている」というのは、上述の「国家間の約束を破る」ということがないからである。あくまで日本政府がそう言っているだけで、行政と司法の判断が別になることくらいはあることなのだ(2019年9月14日追記。

 

kiyotaka-since1974.hatenablog.com

 をご一読)。なお、徴用工判決は私人間の訴訟である。それはさておき、「悲鳴を上げるほど痛めつけないと」という表現から、藤原正彦さんの憎悪が垣間見える(「惻隠の情」(p101)のような表現があっても)。

 

続けてp96に

インターネット上では一部の日本人が韓国を誹謗中傷する発言を繰り返しています。これでは韓国と同じレベルになります

という表現も、韓国はレベルが低いと書いており、藤原さんの憎悪が垣間見える。

 

少々飛ばしてp101には

日本人は(略)ユーモアについての豊かな感性を育んできました

とし、

今の韓国を見ていると、すぐに逆上し、自国の論理を一方的にふっかけてくる(略)「ユーモア」も持ち合わせていないように感じます

と比較する。しかし、事実は、日本が「すぐに逆上し、自国の論理を一方的にふっかけて」いるのだ。その一つが、藤原さんの表現を借りると「国家間の約束を破る」というところである。また「悲鳴を上げるほど痛めつけ」ようとして(

 

kiyotaka-since1974.hatenablog.com

 、読んでね)いるのも「自国の論理を一方的にふっかけて」に該当だろう。

 

p102の

混迷を繰り返す韓国を再生するための第一歩は

 も上から目線で余計だろう。

 

続けて、藤原さんは、韓国には言論の自由がないとし(以下の引用はp102)、

言論の自由が保障され、権威や権力や目上を自由に批判できるようになって初めて民主主義が発達し、科学が発達します

と述べている。

 

しかし、

rsf.org

によると(いわゆる報道の自由度ランキング)、韓国が41位で、日本が67位である。まさか、表現の自由報道の自由は別物だ、と言わないよね? つまり、藤原さんの印象論は客観性がない。

 

そしてp102でも、韓国は「ノーベル賞受賞者」が「〇人」(日本は「二十五人」)の「パクリ国家」であり、「工業先進国の韓国がいつまでも豊かになれないのは」「言論の自由」がない「せいである」とする。しかし、そもそも韓国が「言論の自由」がないという事実を藤原さんは示していないし、客観性もない。

 

藤原さんは、日本を韓国より上としたかったようだが、その度が過ぎて、憎悪が出てしまい、目が曇ったようである。『文藝春秋』、廃刊でいいよ。ハハハ

もしかして 韓国の方が 自由かも

朝、読売新聞統合版を見ていたら、13版7面に「反日批判本 韓国でヒット」(以下、*1 と表記)という記事を見つけた(オンラインは有料記事。https://www.yomiuri.co.jp/world/20190911-OYT1T50086/ )。

 

記事の「『反日種族主義』の内容は韓国の通説に反論している」を見ると、大したことはなかった。徴用工については判決に影響しないし(強制か否かの話とはちょっと違う。「新日鉄住金徴用工事件再上告審判決(大法院2018年10月30日判決)」(「法律事務所のアーカイブ 資料棚」より。http://justice.skr.jp/koreajudgements/12-5.pdf )、慰安婦が仮に「朝鮮で法制化された」ものが「日本軍とともに外国に渡った」(ともに*1)としても性奴隷であることは変わらないし、竹島の地図がなくても現在実効支配しているのが韓国なのも変わらないし、「請求権問題は協定で完全に解決された」(*1)と書いてあっても判決が確定しているからである(なお、「日本の植民地支配収奪論」(*1)については保留)。

 

ただ、韓国には学問の自由があり、主要メディア(ただし、日本の)にも報じてもらえるのだから、日本人としては羨ましい。

 

日本の主要メディアで、たとえば「新日鉄住金徴用工事件再上告審判決(大法院2018年10月30日判決)」が妥当だとか理由があるだとかという見解は、寡聞にして知らない。いちいちこちらで探さないといけないので大変である。

 

ただ、日本でも出版された『帝国の慰安婦』(日本では朝日新聞出版)については、「元慰安婦への名誉毀損罪で起訴され、現在上告中」(*1)なのは承知している。しかし、学問だから名誉毀損罪不成立という法理は日本にもないので、タイトルや私見に影響を与えない。

 

 

ロバートソン 徐台教(ソ・テギョ)さんに 惨敗だ

Twitter上のやり取り。先手:モーリー・ロバートソンさん(タイトルは川柳形式で整えるため敬称略)、後手:徐台教(ソ・テギョ)さん。

 

まず、先手、ロバートソンさん。

 次は後手、徐さん。

 さらに先手。

 現時点でここまでだが、ロバートソンさんの惨敗ペースである。

 

後手の徐さんが予想した的確な批判が、見事ロバートソンさんに突き刺さった!

 

すなわち、「不明確な根拠で文政権への不満を煽る記事しか読んでおらず、さらにそこから恣意的に引用し・想像を付け足して飛躍させているということ。韓国語の記事、書籍や論文が読めない方の限界ですね」(徐台教さん)に対して、「いえ、ちゃんとソースはございます。夕刊フジ、FNN、文春オンライン、現代ビジネス、保守速報、月間Hanada、そして週刊ポストです。さっき東亜日報の日本語記事も読みましたよ」と返しており、賢明な読者ならロバートソンさんのツイートに嘲笑するだろうね。日本の新聞について、朝日新聞毎日新聞しか読まないと笑われるのと同じ。読売新聞も読みましょうね、ということ。これでもわからない人のために露骨に書くと、ソースが偏っているということである。

 

というわけで、水曜日のニュース・ロバートソン

www.bs-sptv.com

、おまけでも要らないから近々終了のようです(大笑い)。

ニッポンの 韓国報道 危ういぞ

これも筆者のはてなブックマーク(*1)から作ったネタ。

 

まずはスポーツ報知「青木理氏、悪化する日韓関係への懸念を「サンモニ」で指摘…「言いにくいんだけど、この局なんかも含めて非常にテレビで乱暴な韓国なら何を言ってもいいんだみたいな人たちがたくさん出て…」」(*2)をご覧ください。

 

筆者は「サンデーモーニング」を毎週観ているが、それほど注意深く聞いていない。だからスポーツ報知の記事に基づくが、記事の通りであればおおむね妥当だと思う。例えば、ハフィントンポスト日本版「「韓国なんて要らない」週刊ポストの特集に作家たちから怒りの声。「今後仕事はしない」とする作家も」(*3)で取り上げられている『週刊ポスト』の見出し、すなわち

嫌韓」ではなく「断韓」だ

厄介な隣人にサヨウナラ

韓国なんていらない

が(*2の表現を引用すると「『韓国なら何を言ってもいいんだみたいな状況』」)。

 

なお、前後するが、日本において「『韓国なら何を言ってもいいんだ観たいな状況』」(*2)を憂いている人は他にもいる。kmoritani(@montjue )さんのツイートを紹介する。

 筆者も同意見である。「徴用工の騒動」については筆者のブログのカテゴリの「韓国」を調べていただきたいが、イラクの人質に対する自己責任批判も間違いなのは、2004年時点でも犯罪である(*4 *5)ことを指摘するまでもなく当然のことで、犯罪被害者を責めてはいけないのだ。

 

 

*1 https://b.hatena.ne.jp/kiyotaka_since1974/

*2 2019年9月1日9時2分。https://hochi.news/articles/20190901-OHT1T50058.html

*3 2019年9月2日15時5分。https://www.huffingtonpost.jp/entry/shukanpost_jp_5d6ca02fe4b09bbc9ef12c9d

*4 刑法「平成一五年七月一八日法律第一二二号」によると、「第一条 この法律は、公布の日から起算して二十日を経過した日から施行する」とあるから、2003年8月6日を経過した日から施行、すなわち8月7日0時から施行されている。https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=140AC0000000045#1189  

、ならびに『弁護士菊池捷男のコラム』「28 「・・・の日から○日間」・「・・・の日から起算して○日間」」(2019年9月2日アクセス。http://www.kikuchi-law.jp/app-def/S-102/?p=377 

を参照。

*5 ウィキペディアイラク日本人人質事件」(2019年9月2日アクセス。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E4%BA%BA%E8%B3%AA%E4%BA%8B%E4%BB%B6 

によると、「2004年4月に3名が誘拐され」などとある。すなわち、イラク人質事件の時点で、日本人(日本国民)に対して行われた監禁(刑法第220条など)は、日本の刑法で処罰しうる犯罪だったのである。刑法第3条の2、第4号参照。

MTVに K-POP部門 あったとは

筆者のはてなブックマーク(*1)ではYahoo!ニュース版を紹介したが、日刊スポーツ「テイラー・スウィフトが最優秀ビデオ賞など3冠達成」(*2)によると、

米MTVが主催する音楽の祭典MTV・ビデオ・ミュージック・アワード(VMA)の授賞式が26日、ニュージャージー州ニューアークのプルデンシャル・センターで開催され、最多タイの10部門にノミネートされていたテイラー・スウィフト(29)が3冠に輝いた

という。なお、MTVホームページ「2019 VIDEO MUSIC AWARDS」も参照のこと(*3)

 

テイラー・スウィフトさんであれば、ポップスを愛するファンであれば、たぶん誰でも知っている。だから、驚きの結果ではない。

 

驚いたのは、*2にある以下の記述。

一方、5部門にノミネートされていたBTS(爆弾〔原文ママ〕少年団)は、今年新設された最優秀K-POP賞と最優秀グループを受賞

K-POP部門が新設されるわけだから、K-POPが世界を席巻していることの裏付けとしていいだろう。なお、*3には、「best k-pop」のすぐ下に、「best latin」というのがある。北米のすぐ近くのラテンはわかるが、結構遠い韓国の音楽の賞ができるのはすごい。

 

筆者は日本人なので(?)、なぜか韓国に対抗心を持ってしまうが(?)、「best j-pop」というのはなかった。現状では難しいだろうなぁ。だって筆者が聴いて面白い音楽がないんだもん。

 

K-POPが末永くMTVのVMAで続くことを祈る。というのは、他のアーティストも頑張っているが、BTSフィーバー故にできたと思っているので。

 

*1 https://b.hatena.ne.jp/kiyotaka_since1974/

*2 2019年8月28日10時52分。https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201908280000025.html

*3 http://www.mtv.com/vma/winners

韓国に 失礼しちゃった 高野連

昨日、NHK NEWS WEB「野球U18日本代表 “日の丸なし”で韓国へ 関係悪化で異例対応」*1 が気になってブックマークをしたら、おかげさまで好評のようだ。*2

 

最近は日韓関係がぎくしゃくしているとされているからか、文春オンラインがアンケートを募集している。*3

 

まぁ、何を着ようが他人がとやかく言うことはないのだが、*1によると、「高野連=日本高校野球連盟は「韓国の国民感情に配慮した」としています」とのことだが、「通常、18歳以下の日本代表の選手たちが国際大会で海外に赴く際は代表用のシャツを着て出入国する」のであれば、おかしい。

 

いろいろな報道に接しているが(Googleニュースで「高野連 シャツ」あたりで検索 *4 )、韓国に対しても失礼な話である。シャツのせいで襲撃されたとすればそれは韓国の責任だが、そもそも韓国をそれほど信用できないというメッセージをも送っているからである。

 

重なるが、こういう時は普段通りにし、何かことが起これば人のせいにすればいいだけの話である。そうでないと失礼なだけだ。

 

*1 2019年8月27日20時20分。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190827/k10012051451000.html

*2 https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20190827/k10012051451000.html から私のコメントを探してね。

 

*3 文春オンライン「野球のU-18W杯「日の丸外し」に賛成ですか? 反対ですか? 緊急アンケート(略)」(2019年8月29日。https://bunshun.jp/articles/-/13644

 

*4 https://news.google.com/search?q=%E9%AB%98%E9%87%8E%E9%80%A3%E3%80%80%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%84&hl=ja&gl=JP&ceid=JP%3Aja

読売より 日本知ってる 海外メディア

朝、読売新聞統合版13版4面を見たら、笑える(嘲笑系)記事が。題して、「検証 安倍政権 2 『対抗措置』」(以下*1 と表記)。以下、引用しつつ検討する。

 

「これで日本の材料に依存する韓国の電子機器産業は立ち行かなくなるぞ」/政府が韓国向け輸出管理の厳格化に踏み切った7月はじめ、首相周辺はこう語った。政府は表向き、安全保障上の措置だとするが、韓国人元徴用工問題での「対抗措置」だとの受け止めが多い 

 ここはよく覚えておこう。

 

前後するが「『脱優等生』」(*1)なのは構わない。ただ、対韓国関係でも、国際捕鯨委員会IWC)からの脱退でも、これが日本にとって得になったかは疑わしい(後者はまだ判断保留だが、対韓国関係では日本の主張が無理筋な場合が多いのは、カテゴリ「韓国」をクリックしていただければわかる)。

 

ところで、昨今の輸出管理強化について、*1に興味深い記述が。以下、引用する。

今回の輸出管理厳格化について、外務省で日韓関係を担当するアジア大洋州局は相談を受けなかった。経済産業省幹部は「外務省が韓国人に対する査証要件厳格化といった『対抗措置』をやらないから、経産省が引き取った」と明かす 

 って、なんでビザの要件を厳格化するの? 最高大法院(「韓国大法院」に訂正。2019年8月30日)に罪はないし(行政と別の解釈をすることはあり得る。韓国は司法権が独立している。大韓民国憲法第103条参照。WIKISOURCE大韓民国憲法憲法第10号)より。*2)韓国人にも問題はないだろう。

 

読み進めると、

ただ、相手がある外交は、日本の思惑通りにいかないことが多い。韓国は、日本の輸出管理厳格化に対し、日韓「軍事情報包括保護規定」(GSOMIA)の破棄という次元の違う強硬措置で対抗した

とあるが、

 

kiyotaka-since1974.hatenablog.com

 で記した、

経済産業省HP「輸出貿易管理令の一部を改正する政令閣議決定されました」にあるpdfファイル「政令案・理由」(略) によると、「国際的な平和及び安全の維持のため、大韓民国を仕向地とする貨物の輸出について仮に陸揚げした貨物に係る輸出の許可の特例を廃止する等の必要があるからである」

からは、どちらも安全保障上の問題であるから、「次元が違う」わけでもなく、実際の韓国は論理的に対応しているのである。

 

読み進めると、

米政府は日本の立場を理解しているが、日韓関係の歴史に詳しくない欧米メディアからは、今回の日本政府の対応を、強い圧力をかけて有利な取引に持ち込もうとするトランプ米大統領と同様の「トランプ流としか言いようがない」(米紙ウォール・ストリート・ジャーナル)などといった批判も出ている

とあるが、これが冒頭で書いた「笑える(嘲笑系)」の理由。最初に引用した文章をもう一度示そうか。

「これで日本の材料に依存する韓国の電子機器産業は立ち行かなくなるぞ」/政府が韓国向け輸出管理の厳格化に踏み切った7月はじめ、首相周辺はこう語った。政府は表向き、安全保障上の措置だとするが、韓国人元徴用工問題での「対抗措置」だとの受け止めが多い 

まさに、ウォール・ストリート・ジャーナルの書いた通りである。「歴史に詳しくない」かもしれないが、読売新聞より日本を知っていそうだし、読売新聞の記事は論理的ではない。

 

締めは

日米韓の連携にほころびが出れば、日本の安全保障への影響は少なくない。国益の確保には、毅然として冷静さのバランスが求められる

だが、GSOMIAが破棄された現状では「ほころびが出」ているわけだから、まずは安倍晋三政権の否定的評価だが、それがないので日本のメディア(と言っても読売新聞だけだが)は馬鹿にされるのである。おまけに論理的でもない。

 

*1 本文に既述。

*2 2019年8月29日アクセス。なお、他の資料では未確認。https://ja.wikisource.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%9F%93%E6%B0%91%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95(%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC10%E5%8F%B7)