清高の ニュースの感想 令和版

題名川柳・内容超一流!

問題発言

反対を しなきゃ議論は 深まらず

自由民主党ヨイショのうわさが絶えない読売新聞が、社説でやらかしてくれました。題して、「代表質問 反対ばかりでは議論深まらぬ」(2023年1月16日)。 www.yomiuri.co.jp のっけからこうだもの。 野党第1党が政府の方針に反対するだけでは、議論は深まらな…

リアルでも ネットでもデモ 少数派

今日の読売新聞は、1面からくだらない記事を載せていた。くだらない記事なら取り上げるなよ、という非難は甘受するも、民主主義社会にとっては重要な話なので、当ブログで検討する。 読売新聞オンライン「国葬反対『ツイッターデモ』、3.7%の投稿で全体の半…

暇空茜 自由な社会 嫌いなのか?

筆者がインターネットに接すると、一般社団法人Colabo*1の話題が過熱している印象がある。 その火付け役が、暇空茜(Twitterアカウントは@himasoraakane)*2ということで、デイリー新潮が特集している。題して、「『Colabo問題』追及で7000万円の支援金を集…

佐々木俊尚 新春から フェイク流す(2)

「佐々木俊尚 新春から フェイク流す」 kiyotaka-since1974.hatenablog.com の続き。 ジャーナリスト・佐々木俊尚は、2022年12月28日に放送された、テレビ朝日「徹子の部屋」における、タモリの「来年は新しい戦前になる」発言を、「『日本を侵略から守らな…

AKBと BTSで 釣られたよ

朝日新聞がやらかしてくれました。 朝日新聞デジタル「AKB48とBTSの違いは? 河野太郎氏が若者へ世界標準のすすめ」(2023年1月3日11時1分) www.asahi.com AKB48とBTSのこと、無料部分のどこにもないじゃん。 もちろん、有料会員でない筆者が悪いのだが、そ…

佐々木俊尚 新春から フェイク流す

新春から、某ジャーナリストのトンデモ発言があるのだけれど、読む?*1 「某ジャーナリスト」は、佐々木俊尚*2。2023年1月1日8時11分のツイート。 タモリさん発言を「日本が戦争に突き進もうとしている」ととるか「日本を侵略から守らなければならない時代に…

森保の 「日本」連呼が 気になるな

サッカー日本代表の監督は、森保一(もりやすはじめ)*1の続投となった。時事ドットコム「『日本に不可能はない』 森保一氏の一問一答―サッカー日本代表」(2022年12月28日20時20分)をご一読。 www.jiji.com 時事ドットコムの記事を紹介したのは、森保の以…

黒田勝弘の 「苦笑」に苦笑かな

黒田勝弘*1によると、韓国語で、日本語の「大雪」は、「『暴雪(ポクソル)』」というのだそうだ。産経新聞「ソウルからヨボセヨ 冬の韓国の暮らしの要注意」(2022年12月17日7時)による。 www.sankei.com たしかに、大韓民国立国語院 韓国語‐日本語学習辞…

日経新聞 問題記事を 連発か

最近の日本経済新聞のツイートがすごいことになっている。以下において3つ取り上げる。 (1)日本経済新聞電子版(日経電子版)(@nikkei)が2022年12月15日7時35分にしたツイート。 「職場がホワイトすぎて辞めたい」と仕事の「ゆるさ」に失望し、離職する…

死刑は廃止に決まっているし 太陽光も必要だ(2)

「死刑は廃止に決まっているし 太陽光も必要だ」 kiyotaka-since1974.hatenablog.com の、続き。 1.読売新聞2022年12月21日統合版12版15面(文化欄)に、『死刑のある国で生きる』(新潮社、2022)の著者である、宮下洋一*1へのインタビュー記事があった。…

死刑は廃止に決まっているし 太陽光も必要だ

今日(2022年12月20日)の読売新聞統合版の本・雑誌の広告から。 1.「新潮社の最新刊 死刑のある国で生きる 死刑廃止は本当に唯一の答えなのか 日米欧の現場を丹念に取材したルポ」*1 この見出しは、2022年12月15日に発売された宮下洋一の著作、『死刑のあ…

TWICEって そんなに人気 なかったっけ?

デイリー新潮によると、「『TWICEは3年ぶり4回目で返り咲きですが、韓国国内での人気は低く、進出を図ったアメリカでも受けず、日本でしか人気が』」ないという。「『紅白歌合戦』K-POP急増の理由は? 中森明菜、松田聖子のサプライズ出場は『ほとんど絶望的…

責任取れ 新潮読売PHP

当然のことながら、杉田水脈・総務政務官が、『新潮45』*12018年8月号p.58の「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるというものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです」という文章等を撤回した。撤回してい…

WiLLHanadaの 弁護士見解 検討す

今日は2022年11月25日。いつもは毎月26日発売の保守系月刊誌2誌の発売日。紙の読売新聞に広告が載っている。 その中で、以下の2つの見出しを検討する。 (1)『WiLL』2023年1月号「女子トイレに侵入!女性の権利を侵害するトランス女性」(弁護士・滝本太郎…

批判に見えて 本音がヘイトの コメントか(秋元系 よりK-POP グループだ(3))

第73回NHK紅白歌合戦にK-POPのグループが3組出ることについての話、「秋元系 よりK-POP グループだ」シリーズの第3弾。過去記事はこちらから。 kiyotaka-since1974.hatenablog.com kiyotaka-since1974.hatenablog.com 憎悪表現(≒ヘイトスピーチ)が放ってお…

死刑廃止を主張しない 新聞社説

葉梨康弘・法務大臣が辞任した件についての、各紙の社説のリンクを貼り、必要に応じて検討する。 1.朝日新聞2022年11月12日社説「葉梨法相辞任 首相の判断 信頼揺らぐ」 www.asahi.com (前後略) 死刑執行に対する厳粛な気持ちも、その最終判断を担う重い…

やめるべきは 法相じゃなく 死刑だよ

葉梨康弘・法務大臣が、以下のような発言をし、結果、法務大臣を辞任した。時事ドットコム「『死刑のはんこ押す地味な仕事』 教団問題でTV露出―葉梨法相が発言」(2022年11月9日21時29分) www.jiji.com から引用すると、 「死刑のはんこを押し、昼のニュー…

これならば 負けもやむなし 門田隆将

朝日新聞デジタル「『国会議員が職員つるし上げ』表現めぐり産経新聞と門田氏に賠償命令」(田中恭太。2022年11月9日14時50分) www.asahi.com によると、 学校法人森友学園への国有地売却をめぐる財務省の公文書改ざん問題を取り上げた、産経新聞への寄稿記…

ひろゆきさん ヘイトスピーチ やっちゃった

元5ちゃんねる管理人のインフルエンサー、ひろゆきさんが、はったりをかましたけど実際は批判が当たっているという話。 anonymous post「ひろゆき氏「法務省の人権擁護局に取材をどうぞ。確認が取れないのであれば、沖縄タイムスの阿部岳記者がまたデマを流…

いい質問と 悪い質問との 並存

今日取り上げるのは、立憲民主党の参議院議員の打越さく良さんである。筆者が打越さんを知っているのは、『レンアイ、基本のキ――好きになったらなんでもOK?』(岩波ジュニア新書、2015)を読んだからである。筆者は男性なので身につまされるところもあるが、…

コメンテーター たぶん無責任 全廃だ

テレビ朝日製作・同系列全国ネット「羽鳥慎一モーニングショー」のレギュラーコメンテーターである、玉川徹・テレビ朝日ディレクターの「謹慎」*1が明けて、2022年10月19日8時からの放送で発言をしたのだという。その発言を産経新聞が載せているので、まずは…

「2問の間」で済まない 谷原の質問

谷原章介さんが司会を務めている「パネルクイズアタック25Next」(BSJapanext、朝日放送テレビ共同制作で、BSJapanextで毎週日曜13時から放送中。なお、6日後の土曜13時から再放送)は、以前児玉清が司会で*1ABCテレビ制作、テレビ朝日系列全国ネットで放送…

ニューズウィーク 韓国憎悪 キャンペーン?

ニューズウィーク日本版が、韓国憎悪キャンペーンを張っているかもしれないという話。 1.『早坂隆 たかがジョーク されどジョーク』「韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由」(2022年9月30日18時55分) www.newsweekjapan.jp をまずは取り上げる。…

韓国が 嫌いなら黙れ 羽田真代よ

たまたまネットサーフィンをしていたら、ライターの羽田真代(はだまよ)さんの「『韓国大好き』な日本人に“異変アリ”…! 日本全国にめちゃ広がる『韓流ブーム』の危ない結末」(2022年10月8日。現代ビジネス) gendai.media が目についた。ひどい記事であっ…

朴裕河の 説は意外と トンデモだ(リベラルと 言えば分かった 気になるか?(2))

「リベラルと 言えば分かった 気になるか?」 kiyotaka-since1974.hatenablog.com でも取り上げた、日本文学者の朴裕河(パク・ユハ)さんの話。 今度は、東京新聞でも、朴さんの会見の模様を報じた記事が載っている。①「日韓の歴史問題、裁判で解決は正しい…

デモが嫌い それが動機と いうことか

筆者は見ていないが、NHK大阪放送局が製作し、昨年12月に放送された「BS1スペシャル 河瀬直美が見つめた東京五輪」*1について、「BPO=放送倫理・番組向上機構の委員会が重大な放送倫理違反があったとする意見書を公表し」たという。NHK NEWS WEB「NHK BS1ス…

一寸の虫にも 五分の魂 三浦瑠麗

三浦瑠麗さんが、2022年9月3日にテレビ朝日系列で放送された「朝まで生テレビ」で何かやらかしたようだけど*1、それは映像のリンクを貼ることで済ませておいて。 その三浦瑠麗さんも、たまにはいいことを言うという気持ちを、タイトルの「一寸の虫にも 五分…

マイあさ!が ちょっと暴走 してるみたい

最近、NHKラジオ第1で主に放送されている「マイあさ!」が、ちょっとおかしくなっているのではないか、という話。 2022年8月22日7時25分から放送の「7時台 けさの"聞きたい"『いじめ加害者への対応』斎藤環」において、被害者と加害者、2人以上の教員やカウ…

リベラルと 言えば分かった 気になるか?

本エントリーで取り上げるのは、『帝国の慰安婦』(朝日新聞出版)で一躍有名になった。朴裕河さんへのインタビュー記事である。毎日新聞・政治プレミア「日韓関係悪化の責任は両国のリベラルにもある」(2022年8月16日) mainichi.jp なお、Yahoo!ニュース…

「いいかげんに 1000回」 高山正之よ 1000回じゃない 弓削高志もな(暫定版)

ニッポン放送に、「ゴッドアフタヌーンアッコの いいかげんに1000回」という番組がある*1。聴いてもいないのに、また、それだけでも申し訳ないのに、タイトルまでパクって*2、本当に申し訳ありません。だって、後述する『週刊新潮』の高山正之さんの連載、「…